結婚相談所でめでたく成婚することになりました

知り合いの結婚相談所のお嬢さんがめでたく来春結婚することになりました。そこで、フィアンセが自宅に結婚のお許しを得るためにやってきました。その時に、所長さんは彼の言葉に涙が出るくらい感動したそうです。

彼は所長さん夫妻に、「お嬢さんと付き合っていると、ご両親が本当に大切に育ててこられたことがよくわかります。僕はご両親に負けないくらいにお嬢さんを大切にしますから、僕たちの結婚を許してください」とお願いしました。

そして、二人の出会いのいきさつから、現在の実際、結婚後の二人しんしの生活についてていねいに話してくれました。その真筆な彼の姿勢に、この人なら娘の将来を託せると確信できたそうです。

彼は、最後に「こんなに緊張したのは生まれてはじめてです。昨晩はいろいろ考えて一睡もできませんでした」と告白したとのこと。この儀式が、男性にとって人生の一大事業であることだけは間違いありません。

女性が男性のご両親をたずねる際に、細心の注意を払わねばならないのが母親です。母親に気に入られるかどうかですべてが決まると言っても過言ではありません。

行く前にはて彼に、お母さんの食べ物の好き嫌いや、趣味などの事前確認をしておくのが必須です。手みやげ土産はお母さんの好みに合うもので、生ものは避けて、できれば日持ちするものがいいでしょう。あいさつ玄関での挨拶、靴をそろえることなど、あなたのマナーは母親からチェックされています。

手土産は袋ごと渡すのではなく、袋から出して両手で持ち、ていねいに差し出してください。会話の中では、彼が小さい頃にどのように育てられてきたのか、どんな子どもだったのかをさりげなく質問してみましょう。また、彼の趣味や好きな家庭料理なども聞いておきましょう。

「もし機会があれば手料理を教えてください」と、人生の先輩として教えを請う姿勢も効果的かもしれません。あなたのきめ細やかな心づかいで、母親に「気配りのできるいいお嬢さんね」と言わしめてください。母親をライバルにするか、味方につけるかは、この初回訪問の第一印象がとても重要なのです。

ちゃんとプロセスを踏んでいれば、「こんなに若いのに、自分の家を持っているなんて素敵」となっていたはずです。実に、もったいない話です。

女性の例では、突際数回目で、お相手の男性の誕生日のお祝いに豪華なフランス料理をご馳走したところ、男性は、せっかくの好意ですから受け入れたものの、後で少し気持ちが重くなった、などということもありました。「もう少し、ゆっくりと時閣をかけてお付き合いしていきたい」と、男性のほうから私の相談所に要望がありました。きずな結婚までの二人の紳づくりの段階では、はじめは慎重にじっくり時閣をかけて、ゆっくり進んでいきましょう。

結婚相談所の評判を比較

結婚するための婚活するアラサー女子

結婚相談所に何年いても一向に結婚する気配のない人と、すぐに結婚が決まってしまう人との差はどこにあるのでしょうか。もちろん運やタイミングもあると思います。

ちょうど、大型スーパーやデパlトなどで満車の駐車場に車を停めるとき、先頭にいる車がいちばん先に駐車スペースを確保できるわけではないのと似ています。目の前の車が出て行ったり、大きな車の向こう側が空いているのに気がついたりといった偶然が重なって、はじめて駐車できるようになります。

決して、早くから探していたからといって、先に車を停める優先権はないのです。私の結婚相談所でも、驚きのスピード婚を遂げた女性がいました。

Eさん(36歳・受付・女性) の場合

本気で結婚をしたいという担歳のEさんは、はじめて私のところに相談に来たときには、すでに入会に必要な書類と費用を準備しているという気合いの入れようでした。

入会の手続きの後は、プロフィール用の写真を撮影します。なので、通常は事前にファッションのポイントもアドバイスできるのですが、Eさんの場合は当日に入会と撮影を済ませてしまいたかったとのこと。

それにしては、フアッシヨンがカジュアルすぎてお見合い向きとはいえませんでした。そこで、アパレルが専門の私が洋服を見繕ってスタイリング、プロ専門のメイクアップアーティストによるメイクをそれぞれして撮影に備えていました。するとスタッフから電話がかかってきて、「たった今、入会の契約を終えた男性がいます。

話を聞いていたらもしかしてEさんにピッタリの男性なのではないかと思って連絡しました」と伝えてきたのです。聞けばEさんは、海外で働いていた経験があり、「できれば結婚相手も海外経験が豊富な人がいいです」とのこと。該当の男性は、海外駐在員で一時帰国をしていた折に入会したのだと言います。

「これは運命の予感がする!」Eさん本人にすすめたところ、ちろん、会います!」と二つ返事で即日のお見合いを承諾してくれました。善は急げとはこのこと、その日はスタッフ総動員で、撮影からお見合いまでのお互いのスケジュール調整も済ませ、ということで、にわかに盛り上がり、早速、も段取りをして、二人を引き合わせるところまでこぎつけました。

無事にお見合いが終わってみれば幻時加分。Eさんは朝イチでいらしたので、丸一日がかりのイベントになってしまいました。嬉しいことに、いる段階です。お見合いの結果は大成功。

今は結婚前提に順調に交際を進めてそもそも入会当日にお見合いをすることはまずないので、私たちもまるでジエットコースターに乗ったような1日でした。何よりもEさんのガッツと努力には脱帽しました。

もちろん体力的なタフさも見習うものがありますが、なんといっても出色なのはフットワークの軽きでしょう。慣れない撮影で疲れているところ、「後日あらためて・・・」と断れることもできたでしょうに、Eさんは笑顔で即日のお見合いに臨むことにしたからうまくいったのです。

イタリアには「チャンスの神様は前髪しかない」ということわざがあります。これは、後ろ髪がない神様になぞらえて、チャンスがやって来たときに迷わずつかまえておかないと、振り返ったときはもう遅いという意味です。

つまり、好機を逃してしまわないように、いつでも待ちかまえておく姿勢が大切だということになります。Eさんのようにフットワークが軽く、素直な性質の人はチャンスの神様にも恵まれるということを教えてもらった1日でした。

結婚のチャンスをつかむための攻略法

結婚相手となる男性の条件の筆頭に、安定した経済力を求める女性は多いものです。いつ会社がなくなったり、リストラになったりするか先が見えない社会にお金はいつでも頼れる存在。

だからこそ、経済力のある男性が魅力的に見えるのは、ある意味、当然のことといえるでしょう。ところが、高収入な男性を選ばなかったことにより、本当の幸せをつかんだ女おいて、性もいるのです。

Kさんは、スポーツジムでインストラクターをしている釘歳の快活な女性です。スタイルのよさと健康的な美しさが魅力的だとスタッ爽やかな笑顔が印象的で、フにも評判は上々。

また、Kさんは母親と姉の3人で暮らしていて、結婚をしたらお相手の男性と4人で暮らせるのが理想だと話していました。そんなKさんのお見合い相手は、彼女より5歳年上のOさんでした。

Oさんは、年収1000万以上の会社経営者。お互いに出会ってすぐに結婚を意識したと言い、勢いに乗ってKさんは3回目のデ1トでOさんからプロポーズされました。実は、一緒に暮らしているKさんのお姉さんは重い病気を抱えていました。

そのことを打ち明けると、Oさんはこうさんにプロポーズを受ける段になって、言ったといいます。「Kさんもお母さんも今までさぞ大変だったでしょう。これお姉さんに施設に入ってもらえるように便宜をはかるから、もう大丈夫。

僕たち3人で暮らせば、みんな楽になるね」と。からは、これを聞いたKさんは、Oさんからのプロポーズを断る決心をしました。Kさんは、大事なお姉さんのことを軽々しく施設に預けようとしたOさんの心が理解できなかったからです。

「まるで荷物か何かのように、簡単に預けてしまえばいいと言ったそのことが許せなかったんです」とはKさん。それまで蜜月な二人だっただけに、別れの決断は辛かっただろうと思います。

一方のOさんも悪気があったわけではなく、単純に、家族の苦労を少なくしてあげたいと願う気持ちから出た言葉だったと聞きました。さんとの決別は残念だったことでしょう。その後、ですから、OさんもKKさんは7歳年下の会社員のJさんとお見合いをしました。

交際が進み、Kさんはまたしても家族のことをJさんに伝えなくてはなりません。ところが今度のJさんは、「・・・よくわかった。今まで、女3人で心細かったよね。

みずから進んでKさんの家族との同居も大丈夫、もう僕がついているから」を申し出たのでした。Kさんいわく、「Jさんは私より7歳も年下だし、年収も500万円だから、決して楽な暮らしはできないでしょう。でも、私の家族を大切にしてくれる優しい気持ちがとても嬉しかったんです。この人なら信頼できるな、って」とのこと。

その後すぐに二人は結婚して、今もKさんの家族とJさんの4人で仲良く暮らパートナーとなる人の年収は半分になってしまったけれど、お金では買えない幸せを手に入れたと、いつものKさんの爽やかな笑顔を見せてくれました。

結婚したい女子と結婚したい男子の出会い

みなさんの「モテ期」こちらがはいつでしたか? 一般的に「モテ期」とは、
望むと望まざるにかかわらず、異性からチヤホヤされる時期のことを指します。モテ期は誰にでも一度は訪れると言いますが、かつてのモテ期にこだわりすぎて、その後何年もたつているのに高みから降りて来られない女性たちが「プチ・パブル女子」です。

私が出会った「プチ・パプル女子」は42歳、見た目は美しくファッションも洗練されていて、「さぞかし昔はモテたのだろうな」と思わせる女性でした。ところが話を聞いていくうちに、「プチ・パプル女子」ならではの図々しさが台頭してきたのです。

結婚相手への希望として、彼女は「とにかく医者。医者で、年下で、できたらお歳までが希望」と言いました。必歳という年齢は、出産のリミットを考えるとギリギリですから、多少の焦りもあったのでしょう。それにしても「年下でもいい」という発言には、さすがに私も驚いてしまいました。

一人前の医師になるためには親による多額の投資が必要です。学力と財産と運に恵まれた人だけが医師になれるというのに、数々の難関を乗り越えて、晴れて医師になった末、彼らがいくつも年上の女性とお見合いで結婚を決めたがると思いますか?

どう考えても、答えは「ノー」です。彼らには、放っておいても若くて美しい女性たちがたくさん押し寄せて来るものだからです。それにしても、位歳という年齢になってまで、そのような浅はかな理想を掲げているのは、ひとえに「プチ・パプル女子」だからに違いありません。モテ期だった自分から、棚卸しができていないのです。

そして、「この美貌と経験があれば、まだ私も勝負できるだろう」と思い込んでしまっているのです。「プチ・バブル女子」たちが結婚できない理由はとてもシンプルで、ただ単にターゲットとなる男性を見誤っているから、ということになります。自分より数段、格が上の男性ばかりをしとめようとするから婚活もうまくいきません。

まずは、自分をしっかりと棚卸しをして、今の価値を見定め直すことからはじめるべきでしよう。先ほどの医師に照準を合わせた位歳の女性の場合で考えるなら、「年下でもいい」ではなく、「60代でもいい」という具合に枠を大きく広げれば、結婚できる可能性もあります。

ただし、先方はパツ1かもしれませんし、子どもの出産や子育てを求めていないかもしれません。肝心なのは、現実に目を向けて、今の自分の市場価値を知るということです。そうすることで謙虚な気持ちも生まれ、無謀な理想を掲げた婚活をせずに済むでしょう。

結婚相談所で本当に結婚デキるの?

私の結婚相談所に相談に来る女性は、7割がひとり暮らしで3割が実家で生活をしています。後者の3割のほうに属している女性のなかで、「元・お嬢さん女子」です。

ときどき問題になるのが「元・お嬢さん女子」とはその名のとおり、職場や友達の聞では「○○さんはお嬢様だから」と言われ、近所でも「OOさんとこの娘さんは、おっとりとしたお嬢さんで」と評判も上々の女性たちのことを言います。

結婚相談所からは、「お嬢さんにしたい」と思われて人気が高そうな彼女たちですが、実際にはなかなか結婚が決まらないことが多いもの。その理由は、どこにあると思いますか?

答えは結婚相談所ではないからです。「元」お嬢さんだからであって、年前だったらお嬢さんとして周りからもてはやされていたかもしれませんが、経年変化とともに今やすっかり元・お嬢さんになってしまったのです。

最大の問題は、「元・お嬢さん女子」になってしまった事実ではなく、彼女たちがそのことをあまり気にかけていないことでしょう。その原因のひとつとして、成人してから何年も何十年もたつているのに、親元を離れずに暮らしていることがあげられます。

ひと昔前に「パラサイト・シングル」という言葉が流行りましたが、「元・お嬢さん女子」たちは、まさにこれにつまり、自分も社会に出て働いているにもかかわらず、親に生活全該当します。般の世話をしてもらっているのです。「元・お嬢さん女子」たちは、もともと持ち合わせているおっとりした性格に、

結婚相談所という武器が加わることで、年を重ねるごとにさらに鈍感になっていきます。したがって、今のパラサイトの状況をおかしなことと思うバランス感覚も鈍くなってしまいます。すると、たとえば1ヶ月にかかる水道高熱費の金額の見当がつかなかったり、燃えないゴミの日を出すべき曜日を知らなかったりと、基礎生活カが最低レベルのまま止まってしまっているのです。

この調子では、せっかく男性と出会っても、話をしているうちに男性が疑問を持つ局面がたびたび出てきます。ひとり暮らしの男性であれば、生活観念がしっかりしていることも多いので、「この女性に家庭をまかせて大丈夫だろうか?」と思い、結婚対象から外してしまうでしょう。

結婚を考えている男性にとって、女性には欠かせないポイントがニつあります。それが「経済観念」と「家事能力」という基礎生活力です。「元・お嬢さん女子」は、そのどちらも持ち合わせていないことが多いので、結婚相手として見てもらえないのは当たり前なのです。

すぐに、ひとり暮らしをはじめるのが難しいようであれば、最低でも「叩歳を過ぎて親元にいるのは恥ずかしいこと」という意識を持つことです。そして、クリ1ニングには自分で出しに行ったり、自分のために結婚相談所をとってみたりと、身の回りの小さなことから自力で挑戦してみましょう。遅まきながら、生活力を身につけるトレーニングをは巳めることをおすすめします。

保険の窓口は保険ショップの数が一番多い

中高年は若い人に比べると、病気になる確率が高いので、「凶年も保障していられるか」というところでしょうか。加えて、加入者がガンにかかっても、5年の保障期間なら、保険金の支払いは1回程度ですむことが多いのも計算のうち。保障期聞が10年だと、再発により2回以上保険金を支払う可能性が高くなるので、保険会社の支出がかさむわけです。

そこで保障期間を短くして、小刻みに保険料を上げていっているのです。「悠悠はつらつ」と「ザ・大人」は、入院保険でありながら、肝心な入院保障がお寒い限り。これも、保険会社が支払いリスクを抑えるための方策だと思われます。「悠悠はつらつ」は、継続8日以上入院しなければ、病気の入院給付金をもらえません。

「ザ・大人」もやはり、病気・ケガともに継続5日以上の入院をしないと、入院給付金がもらえません。入院保険は「1泊2日から」という保障が主流であることを考えても、入院給付金を支払うリスクを極力避けているという見方ができます。

また、「悠悠はつらつ」も「ザ・大人」も、-回の入院につき支払われる入院給付金は30日までで、通算最高120日までの保障となっています。病気保障が終身の「EVER」(AFLAC) でさえ1回の入院につき20日、通算1000日までの保障があるのに、それよりも短いのです。無診査のために支払いリスクを抑えているとしか思えません。

30日程度の保障では、加齢とともに擢患率が高くなる脳血管疾患や心疾患、ガンの入院に十分に備えることができるでしょうか。ちなみに、アリコの「ばっちりたよれる終身医療保険」のパンフに、「主要疾病別・平均在院日数」が記載されています。

脳血管疾患以外の病気なら、何とか品目の入院給付で事足りそうです。が、安心できる保障かと言うと、「?」でしょう。脳血管疾患になったらもう、自腹を切るしかありませんから。厚い保障とはとても言えないと思います。

保険会社がこれらの商品をもし、本当に中高年にとってメリットのある保険として設計しているなら、せめて保障期間は叩年にすべきだと思います。それなら中高年にとって「使える保険」になるでしょう。さらに、「一度病気をしたら、保障は5年でおしまいかも」という点も、中高年に優しい保険とは言い難いものです。

パンフには、「ご契約は保険期間満了日の2週間前までにお申し出がなく、かつ会社が承諾した場合に限り更新されます」(「悠悠はつらつ」)と書かれているだけで、確実に保障が継続するとは書かれていないのです。これでは老後の保険として、安心して使えません。

いくら「中高年でも加歳まで、告知書なしで加入できる」といっても、保障そのものにこれだけの条件があるのは、あまりありがたくありません。

保険相談の基本的なこと

医療保険については、みなさんとても関心が高いと思いますので、ここで「よくある質問」について、紹介したいと思います。まず「入院した時、何日目から保障されるのでしょうか?Jという質問が多いようです。これに対して最近、11日目から保障します」というコマーシャルを目にしますが、本当に11日目」から必要なのでしょうか?

以下は②の回答になるのですが、正直なところ、私は疑問に思っています。5日間入院しでも3割の自己負担部分と自費部分を合わせても4万円前後というところでしょう。この金額でしたら、決して家計を圧迫するような金額とは思えません。むしろそのくらいの家計の余裕を持って、生活プランを立ててほしいと思います。

本当に家計に響くのは1泊から4泊程度の日数ではなく10日以上の入院ではないでしょうか。ここはむしろ生命保険会社への注文ですが、本来の保障の考え方に立ち返って、不必要な保障を販売して利益を上げないでくださいと言いたいところです。

消費者もコマーシャルに感化されて不必要な保険料掛金を払わされていることに気づいていただきたいと思います。もし短期間の4泊以下の入院給付金を得たとしても、それは経済的にあまり影響を及ぼすものではありません。保険会社へ感謝をするのではなく、「得をした」程度のことでしょう。本当に感謝されるのは長期にわたって入院した時、再入院、再々入院をした時です。経済的に逼迫するのは難病になった時です。

ですから再入院、再々入院の時こそ、保険給付金のありがたみがわかるのです。また「入院した場合は、通算で何日まで保障されるのですか?Jと疑問をもたれている方もいらっしゃるでしょう。

以下は③の回答になります。通常、医療保険では、730日、1000日、1095日など、2年以上の期間になっていますが、l回の入院で保障される日数と勘違いされている方が多いので注意が必要です。たとえばr730日jの場合、入院の回数を重ねて入院給付金を受給した日数の累計が730日になったら契約保障期間中であってもそれ以降の給付金は受け取れません。

保険商品によっては手術給付金額も通算限度日数に加える場合もありますから、このあたりの細かいところをよく調べていただきたいと思います。